キングの車

king1904.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 24日

ダウンサイジングターボエンジンの国産化

ダウンサイジングターボエンジンは、低燃費でありながら、
ドライバビリティもよいという長所があります。

欧州では、一般道でも90km/h、高速道 130km/hと速度が高く、長距離移動も多く、主力となっていますが、日本での環境下では、速度が低く、減速が連続しますから、ハイブリッドが有利となってきました。

そのことからも、輸入車ではほとんど採用されていますが、国産車でもついにラインアップが本格化してきました。

日本でのダウンサイジングターボエンジンはまだ少数派ですが、大きな魅力もあり、期待がかかっています。
[PR]

by king1904 | 2017-02-24 10:15 | 国産車


<< ニュルブルクリンク北コースで世...      ミドルクラスのミニバン VOXY >>